ホームページ・タイトル

太陽光発電



※1 国内の住宅用太陽光発電システム業界において。当社調べ。 太陽光発電システム容量1kWあたりの年間推定発電量1,188kWh/kW[大阪市、HIT244α/HIT250α、パワーコンディショナ VBPC255A4:96%(330V時)の場合。]2014年6月現在。
一般社団法人 太陽光発電協会基準 「年間推定発電量計算式」に基づく。

※2 詳細はこちらをご覧ください。
*HITはパナソニックグループの登録商標です。
●写真は「野地ぴたFタイプ」の設置イメージです。



太陽電池と蓄電池を連携させれば、もっとおトクで安心。

自宅で発電し、電気を売る時代がやって来ました。

家庭内で使い切れない電気は電力会社が買い取ってくれるため、電気代の大幅な節約が期待できます。 日本全国どこでも、電力会社に売ることができるようになりました※1。これまでは、設置用途や年度毎に買取価格に変動がありましたが、新しい制度では向こう10年間は価格を固定して買取が行われます※2。

※ 1 住宅用の太陽光発電設備の発電能力が10kW未満の場合。※売電契約の開始年度により売電単価は変更になります。 ※ 2 天候など気象条件によっては、すべての電化製品をまかなえない場合もあります。   太陽光発電ならびに時間帯別電灯契約のご利用にあたっては、電力会社との別途契約が必要になります。

▲ページトップに戻る